ピーチベル 知多・三河~名古屋の婚活 トップページ

0120-591-228

トップへ戻る

スタッフブログ

お見合いに活かす、香りと記憶の関係

2017.03.19 / 

スタッフblog

香り

ふと感じた「香り」に、「この香り・・・何だっけ?」と懐かしさを感じたことはありませんか?

 

 

子供のころ使っていた石鹸の香り、母親がクッキーを作ってくれた時のバターと小麦粉が焼ける香り・・・
皆さんご経験があると思います。

 
香りを嗅ぐと、当時の記憶がよみがえる現象を「プルースト効果」と呼ぶそうです。
嗅覚と記憶を司る脳の位置が隣り合わせであることで、そういった現象が起こるそうです。

 

 

お見合いの場において、強すぎる香水はマナー違反ですが
それぞれ「男性らしさ」「女性らしさ」をさり気なく身にまとい、香りで印象づけることもテクニックの一つです。あくまでも「そこはかとない」香りを漂わせることがポイントです。

 
香水に慣れていない方は、百貨店の専門売場で店員さんに相談してみるのが良いと思います。
個性的なものや甘すぎる香りはNG、清々しさ・爽やかさを感じられる香りが好ましいです。

 
香水は時間とともに香りが変化します。
また、強く香り過ぎないように「つけ方」なども、店員さんに確認しておくとよいでしょう。

 
相手に印象付けるだけでなく、好きな香りは何よりも自身の気分転換・モチベーションアップにもつながります。
香りをうまく利用して恋愛上手になりましょう!

戻る

ページトップ

050-7770-3792

トップに戻る